プレゼント

彼氏満足度99.9%のプレゼント!(俺調べ)|10万以内で買えちゃうハイブランド長財布10選

彼氏満足度99.9%のプレゼント!(俺調べ)|10万以内で買えちゃうハイブランド長財布10選

 

こんにちは、SHO(@SHO_0113_)です。

今回は、ハイブランドかつ、10万円以内で買えるハイクオリティな長財布をランキング形式で紹介していきます。

財布という存在は、一度買ったら3年以上、長い人だと5年以上使うもので、長い時間一緒に連れそうパートナーのような存在です。 しかし、いずれその相棒とも別れが来る..。

それでも僕たちは新しい相棒との出会いを求め続ける。

そう。財布は服や下着と違って毎日肌身離さず持ち歩くもの。

そんな財布をボロボロになるまで使っている健気な彼に思い切って財布をプレゼントしましょう!!

財布は「お金のホテル」です。いい財布(いいホテル)には、いいお客様(諭吉様)が集まります。つまり、財布のプレゼントは、彼氏への一種の投資になります。

そこで今回は、何処で出しても恥ずかしくない、イケてるブランドの長財布たちをご紹介していきます。

この記事を読めば、あなたのパートナーの新しい相棒が見つかります。


長財布ハイブランドランキング

長財布ハイブランドランキング

今回のラインナップは以下のとおり!

 

順に見ていきましょう。

第10位 Dunhill(ダンヒル)

価格相場:40,000~98,000円

dunhill出典: https://www.dunhill.com/jp

Dunhillとは

1880年、イギリスでAlfred・Dunhill氏により創業されたラグジュアリーブランド。 創業当初より自動車に関連付けたイメージのアクセサリーや小物類を展開し、 現在に至ってもそのコンセプトは様々なアイテムに影響を与えており、 バッグや時計、製品ネーミングやディティール等に関わっている。 そして、紳士服を中心にバッグやベルト、ネクタイ、財布、 時計等のアクセサリー類も取扱うトータルファッションブランドへと成長。 英国ブランド愛好家や自動車愛好家の厚い支持を受け続ける由緒ある老舗ブランドである。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 特になし。

ビジネスパーソンに多いです。

ダンヒルと言えば、「男らしい」「紳士的」というイメージ。“紳士レベル”は 他のブランドよりもはるかに群を抜いています。実際に近衛兵や地方領主、皇太子などといった、貴賓ある人たちに愛されています。

そんなダンヒルですが、財布にもそのイメージがしっかりと反映されており、無骨なまでにシンプル!余計なものが一切ないといったデザインです。

渋めなので 一般的には、30代~40代という落ち着いた男性におすすめのブランドになりますが、ギャップ受けを狙うという意味では、若い人が使うのもアリだと考えています。

特に、中堅層のビジネスマンにはばっちり似合うブランドです。

第9位 Burberry(バーバリー)

価格相場:45,000~95,000円

バーバリーのロゴ出典: https://jp.burberry.com/

Burberryとは

バーバリーはイギリスを代表するファッションブランドとして世界的に人気が高いファッションブランドである。日本でもその人気はとても高いものとなっているが、元々は1856年にトーマス・バーバリーによって創設される。 1879年に「ギャバジン」と呼ばれる耐久性・防水性に優れた素材を生み出したことで、バーバリーの名前はイギリス中に知れ渡ることとなる。 誰もが知る「バーバリーチェック」が生み出されたのは1924年と100年近く前のことであり、コートの裏地としてデザインされたのがきっかけ。そんなバーバリーチェックのデザインは公募により決定されており、カントリータータンをアレンジしたものとなっている。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 蛯原友里(モデル)
  • 安室奈美恵(歌手)
  • 吉川ひなの(モデル)
  • 成宮寛貴(俳優)
  • 深田恭子(女優)
  • 松本潤(嵐)
  • 中田英寿(元サッカー選手)他

バーバリーのメンズ財布はシンプルでシックなデザインのものが多いイメージがあります。

そのため、カジュアルスタイルやスーツスタイルなど、幅広いスタイルに合わせやすいデザインなので、ファッションに左右されないことが大きな利点です。

とはいえ、バーバリーらしさを求めている方であれば、「バーバリーチェック」デザインや、「馬上の騎士」をモチーフとした個性的なデザイン財布がありますよ♪

第8位 JIMMIY CHOO(ジミー・チュウ)

価格相場:35,000~96,000円

ジミーチュウのロゴ 出典: https://www.jimmychoo.jp/ja/home

JIMMIYCHOOとは

1996年に、ジミー・チュウがシグネチャーブランドとして立ち上げたのが「ジミーチュウ」というブランド。 1954年のマレーシアに彼は生まれる。父親が靴職人で、彼は幼少期から父の仕事を手伝っていた。 そして時は経ち、彼はロンドン芸術大学のファッション科に進んだ以降もイギリスでずっと靴作りを続けた。 あるとき、その彼のシューズコレクションがファッション誌の編集を担当するタマラ・メロンの目を惹きつけることとなる。 ジミー・チュウ氏とタマラ・メロン氏の二人は、一緒に「ジミーチュウ」というブランドを立ち上げる。 その後、東京にも表参道にジミーチュウのお店がオープンしており、2008年になると、様々なコラボ企画に積極的に参加するなどして、今なお人気が高まり続けている。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 向井慧(パンサー)
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 武尊(k-1)
  • 平山あや(タレント)
  • 堀北真希(女優)
  • 菅野美穂(女優)
  • 優香(女優)
  • 武井壮(タレント)他

故ダイアナ妃やキャサリン妃といった、ロイヤルファミリーを皮切りに世界のセレブや映画スターからも愛されているジミー チュウ

日本でもその人気は不動のものとなっており、男性有名人ではFUJIWARAのフジもんやk1選手の武尊などが愛用していると知られています。

そんなジミーチュウの特徴はやはり、たくさんの星が散りばめられた個性的なデザイン

ロックを感じさせつつも優雅で高級感があるその風貌は、唯一無二。 手っ取り早く、確実なオシャレ個性を出すにはもってこいのブランドです。

第7位 SAINT LAURENT PARIS(サン・ローラン パリ)


価格相場:65,000~138,000円

イブサンローランのロゴ出典: https://www.ysl.com/jp

SAINTLAURENTPARISとは

元々は1962年、創業者のムッシュ イヴ・サンローランが、PR系で実績のあるピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンと設立したブランドで Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン) という名が始まり。しかし、2002年にデザイナーが引退を表明した後アトリエは閉店。 当時は「イヴ・サンローランのオートクチュールメゾンは、彼以上の才能を持つデザイナー後継者を将来にも見つけることは不可能とし、歴史に幕を閉じた」と言われていた。 しかし、その後、エディスリマン、トムフォードと言ったデザイン界の天才たちによってその息を絶やすことなくブランドは復権し、2012年のエディスリマンがクリエイティブ・ディレクターに再就任。ブランド名を「SAINT LAURENT PARIS (サンローラン・パリ)」と改めて現在まで色あせることなくバトンが繋がれている。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 中村アン(女優)
  • 佐々木希(タレント)
  • TAKAHIRO(EXILE)
  • 木村拓哉(SMAP)
  • 木下優樹菜(ファッションモデル・タレント)
  • 長谷川潤(ファッションモデル・タレント)
  • ソンモ(超新星)他

サンローランの特徴として第一に挙げられるのが、ジャケット類や財布などをクラシカルに表現しつつも、エレガンスな作品を生み出し続けている点にあります。

また、メンズ物では「モードの帝王」たる所以ゆえんの「黒」を基調としたコレクションがよくあり、大人っぽいデザインが多いです。

日本では意外にも男性が持っている率が低いブランドですので、エレガントに存在感をアピールしたい彼にはピッタリです!

第6位 FENDI(フェンディ)

価格相場:58,000~84,000円

フェンディロゴ出典: https://www.fendi.com/jp

FENDIとは

フェンディ夫妻が1925年にイタリア・ローマで創業したブランド。 創業当初は毛皮工房だったこともあり、現在でも高級感のあるファーコートは“フェンディの代名詞的存在”となっている。 現在ではレザーグッズをはじめ、財布や時計など、さまざまなジャンルを取り扱っており、フェンディならではの独創的なデザインが人気。もともとは女性向けのブランドだったが現在では、メンズ向けのスポーティフルなデザインが多くラインナップされており、男女問わず安定的な人気を誇っている。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 南明奈(タレント)
  • 森泉(タレント)
  • 渡辺直美(芸人)
  • GENKING(タレント)
  • 中村アン(モデル)他

有名人では意外と女性が使っている人が多いのが目立ちますね

フェンディのメンズ財布に使用されている皮革は、基本的に“カーフレザー”です。キメが細かいカーフレザーは見た目が美しく、柔らかい質感にも魅力を感じるのが特徴です。

フェンディが取り扱うメンズ財布にはさまざまなデザインがありますが、その中でも“モンスターデザイン”(目のマーク)は唯一無二の人気デザイン。

このデザインは、ローマの伝統的な馬具の製法に着目し、誕生したシリーズで、素材とハンドステッチにこだわっている点が魅力です。

第5位 Louis Vuitton(ルイヴィトン)

価格相場:70,000~150,000円

louisvuittonの宣材写真出典: https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

LouisVuittonとは

1854年、Louis VUITTON(ルイ・ヴィトン)により設立。ルイ・ヴィトンのモノグラム柄は、王侯貴族を始め、 上流社会の人々を魅了しました。1997年より、プレタポルテ・コレクションを発表。アーティスティック・ディレクターとして、 当時は無名であったマーク・ジェイコブスを迎え、それまでコレクション用の服を運ぶ入れ物を作っていた ルイ・ヴィトンが服作りを始めた。 数々の歴史を築いたマークジェイコブスも、2014年SSコレクションを最後に退任。 2014-15年AWからは、ニコラ・ゲスキエールによるウィメンズのファーストコレクションが発表される。

 

このブランドを愛用している有名人

  • マツコ・デラックス(タレント)
  • ATSUSHI(EXILE)
  • 日村勇紀(バナナマン)
  • 堂本剛(KinKiKids)
  • 秋山成勲(格闘家)
  • 杉浦太陽(俳優)
  • 辻希美(歌手、タレント)
  • 矢作兼(おぎやはぎ)
  • 杉本彩(女優)
  • 宮川大輔(お笑い芸人)
  • 坂口杏里(タレント)
  • 伊藤由奈(歌手)
  • 塚地武雅(ドランクドラゴン)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 小木博明(おぎやはぎ)他

ヴィトンといえばやはり、デザイン性の高さがウリ。 超定番のダミエをはじめモノグラムが完成された美しさ。

街へ出ると、やたらヴィトン製品が目に入るのは持っている人が多いのもありますが、”圧倒的な存在感があってこそ”という部分も大きいでしょう。

男性に圧倒的人気なのは”タイガ”シリーズです。 タイガの大きな特徴は、” 針葉樹林をイメージしたきめ細やかなデザインに、艶を抑える加工を施している”という点です。

その落ち着いた雰囲気と飾りすぎないデザインは、ビジネスシーンからプライベートまでどのようなケースでも最適で、女性受けが一番いいのもこのシリーズです。

知名度や評判が高すぎるがゆえに誰もが一度は憧れるブランドで、機能性や使いやすさも抜群。 「ヴィトン以外の財布は考えられない」というコアなファンが多いのも特徴の一つです。

第4位 BVLGARI(ブルガリ)

価格相場:40,000~80,000円

ブルガリ出典: https://www.bulgari.com/ja-jp/

BVLGARIとは

ブルガリ(BVLGARI)は1884年ギリシャ系イタリア人のソティオ・ブルガリによりイタリアで創業。 当時はジュエリーを主力として人気の高いブランドとして名を上げていた。その後は、バッグや財布をはじめ、香水、時計など幅広いジャンルで展開していく。1977年にジュエリーとして登場した「ブルガリブルガリ」は爆発的人気を博し、その後バッグや財布、時計などでも展開し定番品として根づく。

このブランドを愛用している有名人

  • 橋下徹(元大阪府知事 )
  • 中丸雄一(アイドル )
  • 大和田伸也(俳優)
  • 志村けん(芸人 )
  • 明石家さんま(芸人)
  • 北大路欣也(タレント)
  • ルーク・エヴァンス(俳優)他

ブランドロゴや柄を頑なに主張しないスタイル貫きとおした無骨さは、他のブランドにはあまり見られない、こだわりを感じます。 そのシックなデザインは、年齢問わず使用できる魅力的なものになっています。

ブルガリでは、オールレザーやPVC加工(塩化ビニールコーティング)などさまざまな素材がラインナップされており、年代問わず用途に合わせて使用することができるのも魅力の一つです。

とはいってもやはりプレゼントで一番推しているのは「ブルガリブルガリ」 というデザイン。 特に、初めてブルガリを使う彼の場合は、ブルガリブルガリから始めさせてあげてください。

彼が、ブランド自体に愛が芽生えてきたら、キャンバス地の 「ウィークエンド」、カーフレザーの「コローレ」、PVC加工の「ミレリゲ」あたりの商品も、いつかプレゼントしてみてもいいかもしれません。

第3位 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

価格相場:60,000~80,000円

ボッテガの宣材写真出典: https://www.bottegaveneta.com/jp

BOTTEGAVENETAとは

ボッテガ・ヴェネタは、イタリア北部のヴィチェンツァで1966年に創業 。 ハイクオリティのレザーグッズで名を広めたブランドで、現在でも財布や鞄などの革製品がメインに展開。 イントレチャートなどのボッテガ独自の伝統製法を次の世代に受け継いでいくために、職人学校も主催している。

伝統技術を継承してきた職人の手で織りなされる「イントレチャート」は、まさにブランドを象徴する伝統工芸品です。 全て手作業で丁寧に編み込みが行われており、大変な手間と高い技術があってこそ実現された職人の魂が込められた最高品質の財布です。 ボッテガ・ヴェネタの多くの財布はラムレザー(仔羊の皮)やカーフレザー(仔牛の皮)を使用しており、どちらもイントレチャートに最適な、柔軟できめ細かさがある素材です。 プレゼントなどに送っても「絶対外さない」デザイン性の高さ、男らしさ。 男性の中でもかなり人気度の高いブランドです。

このブランドを愛用している有名人

  • カンニング竹山(お笑い芸人)
  • 矢部浩之(ナインティナイン)
  • 大泉洋(俳優)
  • 田中卓志(アンガールズ)
  • 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
  • 小藪千豊(お笑い芸人)
  • 切あさ美(タレント)
  • 椎名桔平(俳優)
  • 4−16.藤木直人(俳優)
  • 浅野忠信(俳優)
  • 櫻井翔(嵐)
  • 岡田准一(V6)他

第2位 PRADA(プラダ)

価格相場:54,000~95,000円

プラダの宣材写真出典: https://www.prada.com/jp/ja.html

PRADAとは

プラダは1913年にイタリアで皮革製品店として開業されたブランドで、100年以上の歴史を持つ老舗ブランド。 開業当時から上流階級の人を相手に仕事をしてきた。現在でもファッション界を牽引する高級ブランドとして知られ、女性を中心に人気を集めているが、豪華絢爛な風貌に男性からも支持を得ている。 知名度においても世界中にファンを擁し、ブランドの地位はトップクラス。 また、かつてはイタリア王室御用達としてさまざまな製品を納めていたという経歴もあることから、イタリアを代表するブランドの一つとして数えられている。

 

このブランドを愛用している有名人

  • ユナク(超新星)
  • 益若つばさ(ファッションモデル)
  • 秋元才加(女優)
  • 鈴木奈々(ファッションモデル)
  • 吉川ひなの(タレント)
  • 若槻千夏(タレント)
  • ソンミ(ファッションモデル)
  • 妻夫木聡(俳優)
  • 木村カエラ(歌手)
  • 西内まりや(ファッションモデル)
  • 二宮和也(嵐)他

プラダのメンズ財布は、基本的にはシンプルでシックなデザインのものが多く、スーツやジャケットスタイルと合わせやすい点が特徴です。

使用している皮革は主に “サフィアーノレザー”です。 サフィアーノレザーは、「牛革の表面に型押しを施し耐久性を高めた素材」です。それでいて軽量なので使いやすい。

このレザーは、比較的ハリと光沢感があるので、お値段以上の上品さを与えてくれます。

しかも、撥水性にも優れていますので、一般的な皮革に比べて水分に強いという嬉しいもあるので、ドジな彼氏でも長持ちしそうです。

第1位 Gucci(グッチ)

価格相場:65,000~130,000円

グッチの宣材写真出典: https://www.gucci.com/jp/ja/

Gucciとは

Gucci(グッチ)は1921年、イタリアのフィレンツェで誕生したラグジュアリーブランド。 創設者のグッチオ・グッチがレザーグッズのファクトリーをオープンさせたことが始まり。上質なレザーを使用したグッチのレザーグッズは好評で、瞬く間に人気レザーファクトリーへと成長。しかし、第二次世界大戦が勃発するにあたり、軍の統制品となった皮革は制限がかけらてしまう。そこでGucciはレザーの代用品として、てキャンバス地を使用したアイテムをリリース。これがGucciにさらなるブームを呼び爆発的ヒット。それを皮切りにグッチは事業を拡大させており、今では揺ぎ無き人気ブランドとして君臨している。

 

このブランドを愛用している有名人

  • 武豊(騎手)
  • 岡田将生(俳優)
  • 坂上忍(俳優)
  • 安藤美姫(元フィギュアスケート選手)
  • 柏木美里(タレント)
  • 上川達也(タレント)他

グッチの商品は、財布やバッグでも一目でわかる特徴的なロゴの高級感とオーラに目を惹きます。

グッチの主力商品としては、バッグや財布などの皮製品となりますが、ウェアや時計、アクセサリー、香水などの、ファッション関連のアイテムも多く取り扱っており、どれもハズレなしの人気商品が多いのも魅力のひとつ。

財布の王道デザインは、「ブラウン系のカーフレザーをこしらえシックなグッチストライプ」ですが、メンズであれば、「本革+型押しGGメタル」のタイプがおすすめです。

とはいえ、彼が本気のGucci好きであれば 「どの角度から見てもグッチ!」みたいなものが良いかもしれません。


まとめ

いかがだったでしょうか。 名だたる一流ブランドの長財布を紹介していきましたが、無事にパートナーへの素敵なプレゼントを見つけることはできましたでしょうか?

すぐに見つけるのは難しいかもしれませんが、きっと見つかります。

なぜなら、愛の力は無限大だから!!それではまた!

ABOUT ME
RISH0104
北海道帯広市に住む、交際歴4年3ヶ月突破の最強カップルです。2人で自由な生き方を目指すためブログにチャレンジ中!2022年からは二人揃って退職して内地に旅立ち本格始動確定!!世界を冒険するのが夢。Twitterやインスタフォローよろしくお願いします☆