カップルコラム

同棲準備!二人暮らしにおすすめの炊飯器

みなさんこんにちは、RISH LABO.の(@riririii6)です。

パートナーとの念願の同棲開始!

衣食住を共にするようになりけっこう大事な食事。

今回は日本人の主食でもあるご飯を炊くための炊飯器についてお話していきたいと思います!

RIKA
RIKA
炊飯器の決めてって何だろう?
SHO
SHO
炊飯器にもいろいろあって、種類によって出来上がるご飯が全然違うみたいだよ!
RIKA
RIKA
そうなんだ!それなら私たちに合う炊飯器を見つけなきゃね!
RISH
RISH
さっそく炊飯器の選び方を見ていこう☆

炊飯器を選ぶ3つのポイント

ポイント
  • 炊飯器の容量
  • 内釜の素材
  • 炊飯器の加熱方式

炊飯器の容量

二人暮らしにおすすめの炊飯器の容量は3号~5号です。

もともとお米を食べる量が少なかったり、お仕事の関係でお昼は外で済ませることが多いというカップルなら3合あれば十分!

また、3合で足りる二人でもあえて5合を炊くのもよいでしょう!
余ったご飯を一食分ずつ小分けに冷凍してレンジで温めて食べれば炊きたてのようなご飯を食べることができますし、電気代の節約にもなります。

大きな炊飯器だといろいろな機能が付いているものが多く、その分高額になってしまいますが、3合炊きだと本体サイズも小さくてシンプルな機能のものがほとんどなので低価格で購入することができます!

内釜の素材

炊飯器選びで重要といわれているのが内釜の素材です!

おいしいご飯を炊くために各社が日々技術開発をし、個性を出して勝負しているのがこの内釜。それほど内釜によってご飯が変わってくるということです!

どれもおいしくご飯を炊く技術があるので、どの釜で炊いたものが一番自分の好みのご飯なのかじっくり特徴を見ていきましょう!

鉄釜

鉄という素材ゆえに重さがデメリットですが、発熱性・蓄熱性・断熱性に優れているのでかまどで炊いたような本格的なご飯が炊きあがるのが特徴です。ふっくらとした炊きあがりになります。IHとの相性が◎!!

主なメーカーは象印、日立などです。

土鍋釜

遠赤効果があるので釜全体を高温のまま長い時間維持することができます。お米を蒸し焼き状態にするのでふっくらもちもちの甘くて優しいご飯に炊きあがるのが特徴です。和食によく合うご飯に炊きあがります!

主なメーカーはタイガー、シロカなどです。

炭釜

熱伝導率がとても優れているのでむらなくお米の芯まで加熱することができます。鉄釜のように重くありませんが、炭素材料を使用しているので衝撃には弱いのがデメリットです。

主なメーカーは三菱、東芝などです。

銅釜

多重釜のコーティングに多く使われている素材で、熱伝導率が良いのでスピーディーにむらなく加熱することができます。ふっくらとツヤのあるご飯に炊きあがるのが特徴です。

主なメーカーはパナソニック、アイリスオーヤマです。

炊飯器の加熱方式

内釜同様に重要なのが炊飯器の加熱方式です!

3つの種類の加熱方式があり、この方式によりお米の炊きあがりが大きく変わってきます。「え?炊飯器ひとつでこんなにご飯って変わるの?!」と驚くくらいのレベルです。

せっかく同棲をスタートするところなので、ちょっとこだわって炊飯器を選んでみてもよいのでは・・・??

IH式炊飯器

内釜を囲ったIHコイルで内釜自体を直接発熱させて加熱する方法です。

圧力はないので火力は落ちますが熱の伝わり方にむらがないので、粒立ちが良く全体がしっかりと炊きあがりになります。

圧力IH式炊飯器よりも低価格で購入しやすいのもポイントです!

マイコン式炊飯器

昔ながらの炊飯方式で本体の底に搭載されたシーズヒーターで内釜を直接加熱する方法です。

ヒーターから部分的に加熱するため、IH式炊飯器に比べて炊きむらができやすく熱の伝わり方が弱いというのがデメリット。

ですが、とにかく低価格なものが多いのが魅力です!!料理にこだわりがあまりなく、自炊もそんなにしない予定の二人にはおすすめです。

圧力IH式炊飯器

圧力とIHの高い火力を利用して米を炊く方法です。

内釜に圧力をかけて100度以上の高い温度で一気に加熱するのでもちもちとした粘り気のあるご飯を炊くことができ、玄米などの穀物も食べやすく炊くことができます。

炊飯器のおすすめメーカー

TIGER(タイガー)

タイガーロゴ出典:https://www.tiger.jp/

「世界中に幸せな団欒を広める」ことをビジョンとして調理器具を製造しているメーカー。

王道のIH炊飯ジャーを始めとして、マイコン炊飯器や土鍋IH炊飯ジャーなど数多くの炊飯器の製造を手掛けています。

3合、5合、1升の他に8合の容量も販売しているので、5人家族だけど1升は食べきれないという家族などファミリー層にもおすすめです!

象印

象印ロゴ出典:https://www.zojirushi.co.jp/

「おいしさ」「使い勝手」「デザイン」を追求して炊飯器を含む調理家電を製造しているメーカー。

長年にわたり改良を重ね続けてきたので、象印の炊飯器は機能性に優れています。種類も豊富なので、自分に合った1台を見つけやすいのも魅力です!

Panasonic(パナソニック)

パナソニックロゴ出典:https://panasonic.jp/

生活家電から美容家電まで幅広く手掛けている日本トップクラスの電機メーカー。

大きな火力と加圧・減圧を繰り返すことで米を踊らせながらふっくら炊きあげる「Wおどり炊き」を搭載したモデルが人気のシリーズです。

お米をしっかり味わいたい!という方にパナソニックの炊飯器はおすすめです。

三菱

三菱ロゴ出典:https://www.mitsubishielectric.co.jp/

テレビでもCMを放送している人気電機メーカー。

三菱の炊飯器は「美味しいご飯を炊くこと」を追求しているのでご自宅でも「究極の一杯」を食べることができます。

お米に合わせた炊き分けをできるモデルもあるので、お米にこだわりたい方におすすめです!

HITACHI(日立)

HITACHI(日立)

日本屈指の電機メーカー。

「ふっくら御膳」など多くのおすすめ人気炊飯ジャーがあります。

日立の炊飯器は少ない容量で炊いても美味しく炊けるので日によって炊く量が違う方にもおすすめです!

東芝

東芝ロゴ出典:https://www.toshiba.co.jp/

「真空ひたし」搭載モデルは内釜の中を真空に。お米の空気を抜いて、水を芯まで浸み込ませるので、浸しの時間や各コースの炊飯時間が短くなり、お米はふっくら甘く!また、真空保温では、酸化によるご飯の黄ばみや水分の蒸発を抑えます!真空技術で、玄米と白米の混合ごはんや玄米、麦などの雑穀ごはんも、においや乾燥を抑えながら保温できます。

イチオシ炊飯器4選




まとめ

いかがだったでしょうか。

炊飯器の種類によって炊けるご飯が全然違うだなんて驚きです。

主食となるご飯なので、しっかり自炊をする予定なら毎日おいしいものが食べたいですよね!

どんなご飯が好きなのかパートナーと話をして自分たちに合った炊飯器を探してみるのもおもしろそうです!

美味しいご飯を食べて二人のお食事が楽しい時間になりますように♪